開花

「開花」・・・いい言葉ですね!
今朝、この言葉にぴったりの光景に遭遇しました。
その瞬間、「感動」と言う言葉も忘れ、ただ、ただ、見とれておりました。
花一杯と言うか、一面に白い花で埋め尽くされておりました。

その花は、「くちなしの花」・・・・・・
決して派手な花ではありませんが、昨年の秋にその「種子」の
形に魅了され、注目はしていたものでした。

それがこんな形で、目の前に出現した事にただただ「・・・」・・・

ちなみに、「くちなしの花」の由来を紐解いてみますと、どうも
その果実にあるようですね。
「果実が熟しても割れない」・・・ということでその「口無し」
名前がついたとか・・・・・・

その果実は、赤黄色ではっきりと稜線が見え、先端には六本の針状の
「夢片」が付いています。10月頃から見られるように
なります。

ちなみに、「くちなしの花」の花言葉は、「幸せを運ぶ」・・・・・
だそうです。
この花園は、駐車場の隅の目立たない場所に佇んでいます。
この花らしく、「ひっそり」とかつ「清楚」に・・・・・

ご利用していただいているお客様に、「幸せ」を運んで頂きたいものです。
そのことが私たちの「幸せ」でもあるのです・・・・

「幸せ探し」に、是非お越しください。


カテゴリー: お知らせ, 今日の四万十の出来事 パーマリンク

コメントは停止中です。