灯り(あかり)

灯り(あかり)

師走に入りすっかり日も短くなってきました。
あの焼きつくような夏の暑さから一転、今朝は摂氏2℃・・・・
何と夏の最高気温41℃から39℃の温度差・・・皆さん、
体調管理には十分に気を付けてください。
 さて、「宿」の話に戻ります。この時期、「暖」が恋しい季節に
なりましたね。しかも、心が暖まるものと言えば・・・「灯り」
「四万十の宿」は、特に中庭がありますので、お部屋の明かりとともに
重要な位置を占めてきます。
 輝度、色目、照度、角度、シェードの色、形・・・等など
どれをとっても決して気を抜けないものですね。中庭がそうですから
お部屋の照明もそれ以上に気を使ってきます。
 そこで、参考になるのが旧家の職人の手による作品です。
写真を見てください。
ここまでしなくても・・・と言う方も居られましょうが・・・・
シェードの彫刻、形、大きさ、接続部を覆う飾り、そして部屋との調和
勉強になります・・・・
最近、
「便利なものは多くなりましたが、美しいものは少なくなりました」
と言われない様に、日々研究して参ります。
それが、お客様の「素敵」と思う感性に繋がっていくのであれば・・・


カテゴリー: お知らせ, 今日の四万十の出来事 パーマリンク

コメントは停止中です。