海は広いな大きいな~・・・何か、唱歌で習ったような記憶がありますが
皆さんは、ご存知ですか?
そんな景色が、ここ四万十川の河口、太平洋には日常のように広がっております。太平洋に浮かぶ船は、約10キロ程度の距離しか見えないと言われておりますが、この地は、それが良くわかります。
「地球は丸いのだ!!」
 今朝は、少し早起きして海岸端まで行って、朝日と海を重ねてみました。
昇り来る真っ赤な太陽と豊富な海の資源を運んでくる
”黒潮”
景観もさることながら、我々に豊かさと希望を与えてくれる”海”
この海に山の恵を運んでいく”四万十川”
この地に居ると、つくづく我々は、自然の循環の中で生かされているのが
解ってきます。
自然を守ることは、我々を守ることにも繋がっているのですね・・・


カテゴリー: お知らせ, 今日の四万十の出来事 パーマリンク

コメントは停止中です。