今日の四万十の宿 8/24 ☆四万十の宿の本たち☆

こんにちは 四万十の宿です
 
四万十では、久しぶりの雨に植物達が嬉しそうに葉や幹を伸ばしています。
 
晴耕雨読。
今日は雨模様なので、当宿のカフェ菩提樹に置いている本をご紹介します。
 
『白洲正子 祈りの道』
日本という国を愛し、日本人の本質を見つめ続けた美しい女性、白洲正子。
正子さんとともに暮らし、旅の同行者でもあった、孫・白洲信哉氏が、祖母が歩いた道を辿り、日本人独自の感性が生み出した自然と寄り添う信仰のありかたを、孫の視点で改めて描いた一冊です。
 
色彩深い仏像や古寺、風景の写真が充実しており、めくるだけでも文化史観の思考旅行に出られます。
 
「神仏習合」という神と仏が[共存]する祈りの心を、正子さんは日本人特異の宗教観であり「誇り」と綴っています。
 
八百万の神を信仰する日本人の宗教心は「共存、調和」が本質にあるということは、今なお宗教対立が止まない世界の中で私達が「日本人」として世界に出来ること、伝えられる姿だと思います。
 
元来日本人が自然と寄り添ってきた心が日本の全ての文化や暮らしの母胎なのだと、そして当宿もその「意思」を引き継いでいるのだということを僭越ながら感じて頂けたら幸いです。
 
 
 
↓ご宿泊プランはこちらから↓
☆四万十の宿・宿泊プラン一覧☆

四万十の宿
高知県四万十市下田3370
TEL:0880-33-1600

ご予約お待ちしております!


カテゴリー: お知らせ, 今日の四万十の出来事 パーマリンク

コメントは停止中です。