今日の四万十の宿 10/28 ☆たしなみについて☆

20161028

こんにちは 四万十の宿です。
 
こちら四万十は朝から秋雨に包まれています。
秋雨は別名「すすき梅雨」ともいうそうで秋の季語にまた好きな言葉が一つ増えました。
 
秋の季語は、檸檬(レモン)、棗(ナツメ)に月見酒。
百舌(モズ)に燈籠、幻美な不知火(しらぬい) 。
 
季語を一つ知るたび、古の人たちは自然との調和の中に暮らしがあったのだなあと嬉しくなります。
 
晴耕雨読。
こんな日は四万十の宿cafe&bar菩提樹で本片手にゆっくりおくつろぎ頂きたいです。
 
白洲正子さんの『たしなみについて』。
自分の指針が揺らぎそうなとき、ふと再読したくなる一冊です。
 
「人間を造る以外の所に人間としての仕事はない。」
 
たぶん一番、大切なこと。
簡潔でゆるぎない正子さんの言葉達に、最初は痛いと思っていてもいつの間にか救われている自分が居ます。
 
「極楽浄土は西の彼方にあるのではなく、この地上にあるのです。又、地上に築くべきです。」
 
向き合い、逃げることなく、あきらめず、でもしなやかに生きていきたいという心でそっと本を閉じる自分が 今日も居ました。
 
『たしなみについて』はcafe&bar菩提樹の談話スペースに置いてございます。
四万十の宿にお越しの際は、cafe&bar菩提樹にてくつろぎの時間をお過ごしください
 
 
 
↓ご宿泊プランはこちらから↓
☆四万十の宿・宿泊プラン一覧☆
 

四万十の宿
高知県四万十市下田3370
TEL:0880-33-1600

ご予約お待ちしております!


カテゴリー: お知らせ, 今日の四万十の出来事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。